calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

いらっしゃいませ

74式戦車終了の続き

0

    JUGEMテーマ:ラジコン・模型

    製作番号18:砲塔パーツの組立

    砲塔後部収納ラック:丁寧に切り出し、成形すればカチッと組めます。E3〜E6のゲート処理が

    肝になります。

    レーザー探知機:E1とE2の合わせがタイトなので摺合せと仮組を繰り返してください。

    デカールは先にE1に貼っておきます。

    E10は砲塔の防盾カバーのモールドから6mm入ったところに接着するように指示がありますので

    それに従ってください。

    砲塔表面の形状に合わせてE10の裏側を削ってください。

    上手く削れない時はそのまま接着して瞬着パテで成形します(私はそうしました)

    アンテナガード:E50・51は非常に繊細なパーツなので不要部分は鋭利なカッターで切り離すよう指示がありますが、ここはエッチングノコを使って切り離しました。その方が安全です。

    其々のパーツにE49を接着しますが細かいパーツなのではじいて無くさないように作業してください

     

    製作番号20:アルミシートで防水シートをつくる

    19番の前に防盾にアルミシートを貼ります説明書にガイドラインが印刷されているのでその線に合わせて付属のアルミシートを切り出します。

    接着にはタミヤクラフトボンドとありますが、確かにクラフトボンドで接着できました。

    ボンドが乾ききる前にピンセットやスパチュラを使ってしわを再現しておきます。

     

    製作番号19:砲塔部分の取付け

    精査記番号15〜18で作った部品を砲塔に接着していきます

    12.7mm重機関銃とサーマルセンサーは塗装後に付ける方が迷彩しやすいです。

    サーマルセンサー基部はこの段階で接着しておきます。

    また、E17・E18アンテナ基部はアンテナ部を真鍮線に置き換えた方が細くて見栄えが良いです。

     

    製作番号21:チューブの取付け

    サーマルセンサーと砲塔を繋ぐチューブを取り付ける作業です。

    先に砲塔にF15を取付けます、取り付け位置は図示されている位置に接着します。

    砲塔横に取付けたC20の手摺を基準に取付けると位置を割り出しやすいです。

    サーマルセンサー接続箱を砲塔後部に取付けますが、塗装後に取付けた方が楽かもしれません。

     

    製作番号22:人形の組立

    車長と操縦手のフィギュアです使われる方のみ塗装して所定の場所に載せてください。

    製作番号23:履帯の組立

    短い履帯が計4本入っています片側2本ずつで1本の履帯になります

    塗装にはモデルカステンの履帯色を使いゴム部分にはタイヤブラックを塗りました。

    塗装の前にGSIクレオスのメタルプライマー(旧タイプ)を塗ってから塗装しました

    旧タイプを使うとタミヤの古い焼き止め式のベルト履帯も塗装ができます。

    今はガイアカラーのマルチプライマーがあるのでそちらでも可能かと思いますが

    アスカモデルの履帯の成分は何なのか?わからないのですがメタルプライマーを塗っても

    一部塗装の剥がれが起きました。ガイアカラーのマルチプライマーをお勧めします。

    金属部の錆表現にはブラウンを軽く塗装して、タミヤウェザリングマスターBとCのサビとアカサビを混ぜたものをアクリル溶剤で溶かしたものを表面に塗りつけて綿棒でふき取りました。

    履帯の接着は瞬間接着剤を使いますが接着面にセメダインPPXを塗っておくとがっちり接着できます。

    製作番号24:泥除けの取付け

    取付位置に注意して取り付けてください

     

    製作番号25:サイドスカート基部の取付け

    リアパネルから距離を測って取付ける指示があります。(12ページ参照)

    パーツによって取付角度が異なるので注意してください。

     

    製作番号26:74式戦車改の完成

    の順番で組み立てる指示がありますが

    製作番号5が終わった時点で車体上下を接着しました。その際にフェンダー裏側にプラバンを貼って

    素通しにならないように加工しました。

    ここで、全体の塗装に入ります

    このキットには全体の塗装図が入っていませんので、各自検索などをして迷彩塗装を行う必要があります。

    ホビーサーチのタミヤ74式のページに塗装図がありますのでそれを参考にしました

    2018年静岡ホビーショウ用に塗装した時はタミヤアクリルの陸自カラーを使いましたが

    イメージが異なったため今回は

    GSIクレオスのMrカラーを使いました。

    CS661陸上自衛隊戦車色が廃盤になっているようでセット物は店頭在庫のみです

    その代りに新しく#500番台に戦車カラーが増えています

    #516・#517が74式に該当するカラーです

    今回は#516濃緑色3414とカラーセット(幸い入手できました)TC08茶色3606を使いました。

    一旦濃緑色で全て塗ってしまい茶色の部分を残してマスキングして茶色を吹きました。

    砲塔は茶色を全体に吹きマスキングしたのちに濃緑色を吹きましたこうすることで

    お互いの色味車体と砲塔で違って見えるのでリアルになるかと思いました。

    転輪は濃緑色で6個、茶色で4個塗って車体迷彩に合わせて取り付けました。

    防盾防水カバー・装備品ベルトはカーキ単色・ジェリカン・車載装備品はオリーブドラブ

    スコップ・つるはしなどは履帯色で塗っています。

    塗料が乾いたらサーマルセンサーを取付けます

    後部の接続箱は付属のチューブで取り付けることができましたが

    前方のサーマルセンサー本体から砲塔へのチューブはF15のチューブ取付口を

    先に裏から薄く削っておいた方が良いかと思われます。

    結局付属チューが入らなかったので手持ちのチューブを使いました(一寸細かった?)

    デカールを貼って、ウォッシングを全体に施し、艶を整えて、前照灯・ペリスコープなどのマスキングをはずして、完成です。

    4両が作られた74式改(G)、サイドスカートを付けた車両は実際にはなく1両だけが装着改造されたようです。

    車番は95-6441がそれに該当します。後に外されて従来の74式に戻されたようです。

    私はサイドスカートを付けた姿で完成させてみました。

    サイドスカートは作られる方々にお任せします。

    それでは長文ありがとうございました

    デワデワ!!

     


    アスカ 陸上自衛隊 74式戦車改 G型 其の弐重 終了

    0

      JUGEMテーマ:ラジコン・模型

      アスカモデル TYPE74TANK [G] 1/35 J.G.S.D.F.

      先ず気になるのが、説明書が同社他キット・他メーカーキットと異なり

      普通の両面印刷されたものになっております(普通は製本状態)

      欄外に記載されたページ数(ノンブル)を確認しつつ進めるか、製作手順番号順に進めて

      頂ければ、間違いはないと思います。

      製作アルバムという別紙が付いています、説明書に製作アルバムという記述の記載された箇所は

      こちらを参照に製作してください。

      尚このブログは製作手順番号に沿って製作を進めました(たぶん)

      それでは改めて解説していきます

      製作番号1:サスペンションアームのとりつけ

      車体下部に指定されたそれぞれのパーツを接着していきます。

      その際、可動キットの名残の穴を埋めておきます。

      起動輪基部A18の内側にプラ棒を渡しておくと頑丈になります。

      また、B39パーツを使うことで姿勢変更も可能です。その際A3のピンを切り飛ばす加工が必要となります。

       

      製作番号2:各車輪の組立

      特に難しいことはありませんがパーティングラインやゲート処理は丁寧に行います。

      先にゴム部分をタイヤブラックで塗装してマスキングしておきます

       

      製作番号3:リヤパネルの組立

      指定された番号をリアパネルに取り付けていきます

      このキットに用意されたRパーツ(携行缶ラック付)を使ってディティールアップが可能です。

      F17の取付位置は別紙の製作アルバムを確認しながら接着してください。

      D8はリアパネルの取付け穴を隠すように取り付けます。

       

      製作番号4:各車輪のとりつけ

      各車輪を車体に取付けて状態の確認をしてください。確認が終われば終了です

      私は塗装後に車輪をはめたので、確認後一旦外しました。

       

      製作番号5:車体部品の切り取り

      このキットで一番手間がかかる部分です。

      元キットの車体パーツカットを行う作業ですA・Bいずれかの方法を選択して作業を進めていきます

      メーカー推奨はAです。

      私はB物入パーツ部分を完全に切り取る方法を選びました

      B-1: 車体部品の切り取り 車体上部パーツフェンダー上部の一部のみを切り取ります。

      ハセガワのトライツールのエッチングのこを使って丁寧に切り離します。

      B23・24も不要部分を切離して車体に取付けます。D5パーツを使って手摺(フック)をコの字に替えることができます。

      B-2:車体物入れの取付け 新規パーツE12・13を車体に取付けていきます切り離した部分に合わせるように丁寧に摺合せ、仮組を行い位置決めをして接着してください

      F2・3はサイドスカートを取り付ける場合に必要なパーツですので車体ラインに合わせてはみ出さないように取り付けてください。

      *サイドスカートを仮組しながらF2・3を取付けると位置が綺麗に決まります。

       

      製作番号6:車体上部裏面の組立

      操縦席のペリスコープを接着します 先にG10クリアパーツをクリアブルーで塗装してから接着します。片側のみ塗装してみ塗装の面を接着面に使います 接着は車体開口部前方に接着します。

      その時接着は流し込みをお勧めします。

       

      製作番号7:フック付け替えパーツの確認をしてください

      車体上面のフック彫刻を切り取りコの字フックに付け替えができます。

      説明書P12に取り付け位置が記載されていますので、確認の上作業を行ってください。

       

      製作番号8:車体上部の組立1

      車体に細かな部品を取付けていきます。

      B36・B36はこのキット用に用意されたディティールアップパーツに置き換えていきます。

      E43とE47・E44とE48で組み立てていきます。E43とE44のゲートは綺麗に処理してください

      ニッパーが入りにくいパーツもありますのでエッチングノコを使って切り離してみるのもよいでしょう。

      予備履帯E7は説明書の図示されているものを向きを180度回転させて取り付けてください

      実車(たまたま基地祭にG型が来ていました)を見る限り回転させて取りのが正解のようです。

      D8は取付穴を隠すように取付けます(リアパネル〜と記載がありますが恐らく誤植)

      前照灯も用意されたディティールアップパーツEパーツ・Gパーツで組み立てていきます

      先に指示通りの色を塗っておきます前照灯左右其々を組立接着していきますが接着部位が少ないので

      時間をかけてゆっくり接着させましょう。

      操縦席ペリスコープ前に日除けのようなパーツを取付けますこちらは製作アルバムを参照に取付けてください。

      車載装備品はR部品が用意されていますので其々R部品より切り出してお使いください。

       

      製作番号9:車体上面の組立2

      前照灯のライトガード左右をEパーツをつかってディティールアップします

      細く、細かいパーツを組み立てるので丁寧な作業になります、また時間をかけて接着してください。

      ライトガードは製作アルバムを参照に組み立ててください。

      B1ワーヤーロープはキットのものを使う場合はタミヤ流し込み接着剤を塗りながらパーツをゆっくり

      曲げながら接着していきます。R部品を使ってワイヤーを自作することのできます。

      ワイヤーロープ後方にバッテリー点検ストッパーD2パーツが付きます、位置合わせは製作アルバムを参照にしてください。

      フィギュアを載せる場合はA21を開いた状態にします。

       

      製作番号10:排気管の組立

      ここは特に問題もなく進めることができますが排気管内部の合わせ目を消すのが肝になります。

      取付角度は製作アルバム参照にしてください。

       

      製作番号11:105mm砲の組立

      砲身合わせ目を丁寧に消してください、のちの作業で稼働にされる方は防盾の周りを綺麗に成形してください。

       

      製作番号12・13・14:(砲身の)固定式・可動式の選択をして下さい。

      防盾の可動式・固定式其々進み方が違いますどちらかを選択して進んでください。

      可動式にしましたのでそちらで進めます。

      砲塔を可動式にする場合ジグの組立(恐らく砲身を可動だと思う)

       銑い僚腓妊献阿鯀箸瀘てて砲身に取付けます

      ここで、砲塔が上下分割になっているので、先に上のパーツの裏側からペリスコープのクリアパーツを

      取付けます(G2・G5・G6其々クリアブルーにて塗装)同時にG9コマンダーズハッチをクリアパーツにて再現されているのでこちらもスコープ部分をクリアブルーにて塗装マスキングしたのちに

      砲塔に接着しますここまで終われば、C19を砲塔パーツ上下に挟み込んで接着します。

      いよいよ、可動領域を確保するために砲身取付部・砲身側防盾周りを現物合わせで摺り合わせて削っていきます。削れたら、接着せずに一旦外しておきます。

      砲塔上下が接着できたら合わせ目を消して、指示されたパーツを取付けていきます。

      C13・C14は手摺部分をD5パーツを使ってコの字手摺を再現します。

      フィギュアを載せる場合はC13は開いた状態にしておきます。

      C28パーツはコマンダーズハッチ基部をクリアパーツを使ったので接着ピンを削って平らにならしておきます。

      *可動にする際の一手間ですが可動ジグを砲身に接着しない状態で砲塔に取付けます

      仮組・摺合せを繰り返し位置が決まればしかっり固定して裏側から流し込み接着剤にて接着します。

      其の後、ジグと砲身を接着すると案外楽に取り付けることができます。

       

      製作番号15:サーマルセンサーの組立

      E19〜E23までのパーツでサーマルセンサー外側を箱組します丁寧にランナーから切り出し、ゲート処理を行います

      摺合せ・仮組をきちんと行いきっちり箱になることを確認したのち接着してください。

      E24は開閉選択ですのでどちらかを選んでください

      サーマルセンサー内部はG7レンズ部がクリアパーツですので先に塗装しておきます。こちらの組立も手稲に行います。

      出来上がれば、先に作った外函の内側に取付けます。(デカールを貼る指示がされていますが塗装後に貼った方が良いと思われます)

       

      製作番号16:重機関銃の組立

      ここは、タミヤの元パーツなので、問題なくサクサク進みます。アスカモデルの12.7mm重機関銃でディティールアップすればもっと見栄えがよくなったと思います。(残念)

       

      製作番号17:60mm発煙弾発射筒の組立

      左右があるので気を付けて接着します。

       

      製作番号18:砲塔パーツの組立

      砲塔後部収納ラック:丁寧に切り出し、成形すればカチッと組めます。E3〜E6のゲート処理が

      肝になります。

      レーザー探知機:E1とE2

       


      アスカ 陸上自衛隊 74式戦車改 G型 其の十九

      0

        JUGEMテーマ:ラジコン・模型

        いらっしゃいませ、『る〜む335』です

        今週末辺りはまた台風ですね被害にあわれた地域の方々には

        お見舞い申し上げると同時に更なるご注意を。

        さて、続けてまいりました #アスカモデル陸上自衛隊74式戦車改

        今朝がたサイドスカートの取り付けが終わりいよいよ完成になります。

        今朝は良く晴れていたので、ベランダにて撮影

        サイドスカートつけると見慣れた74式が更なる厳つさを増して別物ですね。

         ベランダからの風景を借景にしてパシャリ!!

         

        こんな感じです。

        次回、製作手順に沿って総集編を持って最終回とします

        デワデワ!!

        ***********************

         

         

        評価:
        ---
        ---
        ---
        ()


        アスカ 陸上自衛隊 74式戦車改 G型 其の十八

        0

          いらっしゃいませ、『る〜む335』です

          いよいよ終盤に入ってきました

          先ず砲塔にサーマルボックスを接着します と同時にサーマルボックスと砲塔を繋ぐ

          樹脂パイプを取り付けます。が・・・先に着けた後ろはすんなり付きましたが

          前の部分は付属のビニールパイプでは直径が太いため3本まとめて砲塔に着けることができません

          手持ちのビニールパイプで置き換えました(一寸細かった)

          赤丸を付けたところへの差し込みがきついので、先に内側を削っておく必要があります。

           

          写真を撮り忘れましたが履帯も塗装〜ウェザリングを施しました。

           

           

          履帯を巻き終わって、接着中の写真です

          履帯塗装乾燥待ちの間に、デカールを貼って全体にウェザリングを施しました。

          自画自賛で申し訳ないのですが、陸自の戦車ってこんなに厳ついの?

           

           

          車体番号:95-6441 この番号は4両作られたG型の中で更に1両だけサイドスカートを

          装着改造された車番です。

          次回サイドスカートを取り付けて行きたいと思います

          今回はココマデ!!

          デワデワ!!

           

          #アスカモデル1/35陸上自衛隊74式戦車改(G)プラモデル35-045

          ***********************

           

          評価:
          ---
          アスカモデル
          ¥ 4,364
          (2018-08-29)
          コメント:履帯を組み立て式可動履帯にするとモット良くなると思います


          アスカ 陸上自衛隊 74式戦車改 G型 其の十七

          0

            JUGEMテーマ:ラジコン・模型

            いらっしゃいませ、『る〜む335』です

            二つ目の大型台風が過ぎていきました。

            東海〜関東・東北・北海道にお住いの方々はお気を付け下さい。

            さて、74式戦車本日随分進みました

            フリーハンドが苦手なのでマスキングをして茶色の迷彩です。

             

             

             無事、綺麗に迷彩できました。

            この後車体・砲塔の細かな塗り分けをして、サイドスカートの迷彩も行いました。

             

            無事、砲塔を載せることが出来ました。

             

             

            現在樹脂製のベルト式履帯を塗装・ウェザリングを施し乾燥待ちです。

            明日以降完成に持ち込みたいと思います

            デワデワ!!

             

            ************************


            | 1/5PAGES | >>